FC2ブログ

チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  【サラリーマン副業】 >  ⑤不動産投資の参入障​壁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

⑤不動産投資の参入障​壁

こんばんは。チャモです。

前回は副業としての不動産投資は

a) 時間的拘束が緩い点、

b) 本人への依存度が低い点

より副業に最適である事を、私の事例を使い説明させて頂きました。
ただ、副業として不動産投資を行う場合、不動産投資の参入障壁の高さが問題となります。

この参入障壁につき、今日は分析したいと思います。
まずこの参入障壁ですが、心理的な参入障壁と、資金的参入障壁に分けることができます。

① 心理的参入障壁:

まずはは心理的参入障壁です。

【心理的参入障壁】

・物件の良し悪しが分からない。
・どの物件を買ったらよいか分からない。
・空室になったら借りてが付くか分からない。
・空室になったら返済できない。
・空室リスクが良くわからない。
・借金を抱えるのが嫌
・借金は悪
・借金は怖い

これらの特徴は、不動産投資がどういうものか分からず不安、
失敗したらどうしたら良いのかわかない。失敗が怖い、というものです。
こればかりはどうしようもありません。

私も1棟目取得まで、不動産購入を検討し始めてから8カ月要しました。
この参入障壁はかなり高い壁です。
乗り越えるには、いろいろな人の話を聞く、物件をいっぱい見る等して
徐々に不動産賃貸マーケットの知識をつけ、ようやく乗り越える事が
できるものです。

私は「自分の知らない事に投資をしては駄目」と思っています。
これはサラリーマンの仕事を通じても常に言い聞かせています。
従い、この参入障壁を乗り越える時間は人それぞれですが、
重要なプロセスの一部なのです。

このプロセスについては、どのように時間を短縮するか、が非常に重要です。
私のアイデアとしては
a) 利害関係のない人の話を聞く

b) 物件調査を繰り返し、仲介会社の人のアドバイスを聞く

c) 本を読む、セミナーに参加

というプロセスではないでしょうか。これを短期間で繰り返し行うのです。

ただ借金を負うのが嫌だ、リスクだ、と最後まで感じられる方に
不動産投資(=負債付)ではお勧めしません。
無借金経営は経営戦略の一つであり、オプションの一つです。
この場合、自分の手金内での物件購入を考えるのが良いと思います。

② 資金的参入障壁:


これは不動産購入を決めていても頭金が用意できない、融資が下りないというものです。
これは地道にお金を貯める、フルローン物件を探す、
各種金融機関との相互理解を図る、融資がおりやすいときにチャレンジする等が解決策ですね。

③ 結論:

私も投資実行まで思ってましたが、改めて不動産投資実行の
障壁の高さを実感しました。
こればかりはどうしようもないです。

ただ実際投資してみると、当初想定していたよりかなり楽です。
未経験でリスクを負うのは怖いです。
ただこの怖さを乗り越えた人だけが不動産事業者になれ、副業として確立できるのです。
このハードルの高さがあるお蔭で、競合が他の副業より少ないのです!!!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
4491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
202位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。