FC2ブログ

チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  【サラリーマン副業】 >  ②副業としての不動産​投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

②副業としての不動産​投資

こんにちはチャモです。



昨日サラリーマンの本業とは?を纏めましたが、
結論としては、「本業は雇用契約で定められている」
というものでした。

つまり本業を第一に考え、勤務時間中は本業のみを行う必
要があります。

このような本業を抱えるサラリーマンにとって、
副業とはどのようなものであれば可能か?副業としての不動産投資はどうか?、
という点を考えてみたいと思います。


まず最初にサラリーマンの本業は週5日以上働くことを要求されます。
つまり副業を行える時間は限られています。


即ちサラリーマンが始める副業としては

① 時間的拘束:専従時間が短い=本業以外の時間のみで可能

② 本人への依存度:自分の時間が取れなくても影響が無い

(出張等で時間的拘束を受けても副業が回っていく必要あり)

という条件を満たす必要があると考えます。


では不動産投資が副業としてどうなのかというと、私の印象は下記の通り

【副業としての不動産投資】
① 時間的拘束:不動産購入後の専従時間は非常に限定的

② 個人への依存度:管理会社という強いサポートの獲得が容易



つまり一度購入して、しっかりした管理会社を起用すれば
自分でやることは殆どないというものです。


●結論:

これは私の結論ですが、「不動産投資は副業として最適」です。
ここに会社の副業としてどうかというと、サラリーマンという属性を
生かした融資を受けられるので「不動産投資は副業として“最高”」に
格上げできます!


(最近ではサラリーマンが不動産を購入しないのは機会損失とも
思い始めています。
⇒言い過ぎですね。いつか痛い目に合う気がします。。。)


次回は、私の場合の「時間的拘束」を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
124位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。