チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  【my投資基準】 接道が私道である物件​の購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【my投資基準】 接道が私道である物件​の購入

接道が私道である投資物件はかなりの数があると思います。



このような場合、どうすべきか複数の不動産コンサルに相談致しました。



【私道とは?】

・まず最初に道路は公道と私道の2種類に分類されますが、この2種類の内不動産取引に際し、
 問題が生じるのは私道に関するものが主であります。

・但し、私道でも特定行政庁から道路位置の指定を受けた道に関しては、
 例え私道であっても一般公衆の通行が有産されます。


【問題とは?】

私道に関してどのような問題がおこるのか? 
過去に困った事例の紹介を受けましたので共有いたします。


【事例①:私道負担が1/5で、残り4名の私道権者がいた事例】

私道通行承諾を簡単に取得できると思い業者さんが物件を購入⇒

残り4名の内1名が、旧所有者と喧嘩中であった。物件所有者が変わっても
この怒りは収まらず新所有者(業者)に対して私道通行承諾を拒否⇒

どうしようもなく裁判に発展⇒

2年を要し最終的に解決するも巨額の資金を寝かしてしまったため
投げ売り状態損切りを実施。



このような事例/相談を踏まえ、最終的なアドバイスは以下:


① 私道物件を購入する前に下記3点の承諾書を取得

(1) 人の通行承諾書

(2) 車の乗り入れに関する承諾書(工事期間中の工事車両も含む)

(3) 上下水道管、及びガス管の埋設についての承諾書

※この場合、通行地役権の設定契約/賃貸借契約等を締結することになります。


② 上記が取得できない場合、リスクが高く個人による不動産投資では見送る


やはり個人では、一度の大失敗で取り返しがつかないインパクトとなりますので、

私道物件の場合は上記をルールに設定しました。
スポンサーサイト
[ 2014/03/10 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
150位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。