FC2ブログ

チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  ■チャモの徒然 >  【チャモの徒然】 日本語の由来 - 仏教語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【チャモの徒然】 日本語の由来 - 仏教語

こんちには。チャモです。

心にゆとりがあると、人生について考える余裕がありますね。
またふと興味でいろいろな本を読んだりでき、更に心が豊かに
なります。

今日は仏教に由来する日本語が印象に残ったので、備忘のため紹介したいと思います。

①ずぼら:
⇒坊主の逆さ言葉らしいです。江戸時代に坊主でも酒色に走る人があらわれ、ズボウラと呼んで軽蔑していたらしいです。

②醍醐味:
⇒サルピン・マンダ(醍醐)を悟りの最上の境地になぞらえたものらしいです。

③金輪際:
⇒仏教の宇宙を表す言葉みたいです。

④ひとりぼっち:
⇒独り法師から来ているらしい。偉そうな坊さんも
 一人だと孤独に見える所からきているらしい。

⑤うろうろする:
⇒うろは有漏という漢字からきている。漏は煩悩のこと。
 煩悩だらけでどうしようもない状況が語源。

⑥乞食:
⇒元来は”こつじき”で仏教徒の基本修行のひとつ。


不動産と全く関係ないですが、へぇーという感じたので紹介させて頂きました。
スポンサーサイト
[ 2014/05/16 14:40 ] ■チャモの徒然 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
124位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。