FC2ブログ

チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  ■融資/税金  >  税金について >  【税金】 中古物件の減価償却年​数-簡便法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【税金】 中古物件の減価償却年​数-簡便法

こんばんは、チャモです。

今日は私が一番困ってしまった中古物件の
減価償却年数の計算方法を紹介します。

私は、なぜかこの法令を見つけて理解するまでに2-3カ月時間を
要してしまいました。。。。

【簡単な方法】

① 築年数 > 法定耐用年数

⇒ 法定耐用年数 × 20% (小数点以下は切り捨て)

例:木造で築25年の場合:

⇒ 耐用年数は22年であるので22年×20%=4.4年 ⇒ 4年 (切り捨て)

非常に簡単ですね!!!

② 築年数 <= 法定耐用年数

⇒ (法定耐用年数 - 築年数) + 築年数 × 20%

例:築10年の木造

⇒ 22年-10年 + 10年×20% = 12年+2年 =14年

これも簡単ですね。

※但し、この方法は簡便法と言われるもので、購入時に資本的支出、すなわち
リフォーム/リノベーション等を行った際はもう少し計算方法がややこしくなりま
す。
(償却期間が長くなります)

この方法はまた今度記載致します。

参考までに法令を紹介します。

qte
【法令】
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

No.5404 中古資産の耐用年数
[平成25年4月1日現在法令等]

 中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用
年数ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数
によることができます。
 ただし、その中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその
中古資産の再取得価額(中古資産と同じ新品のものを取得する場合のその取得価額を
いいます。)の50%に相当する金額を超える場合には、耐用年数の見積りをすること
はできず、法定耐用年数を適用することになります。

 また、使用可能期間の見積りが困難であるときは、次の簡便法により算定した年数
によることができます。
 ただし、その中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその
中古資産の再取得価額の50%に相当する金額を超える場合には、簡便法により使用可
能期間を算出することはできません。

(1) 法定耐用年数の全部を経過した資産
 その法定耐用年数の20%に相当する年数

(2) 法定耐用年数の一部を経過した資産
 その法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数に経過年数の20%に相当する
年数を加えた年数

 なお、これらの計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数
を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とします。

(注) 中古資産の耐用年数の算定は、その中古資産を事業の用に供した事業年度に
おいてすることができるものですから、その事業年度において耐用年数の算定をしな
かったときは、その後の事業年度において耐用年数の算定をすることはできません。

計算例
 法定耐用年数が30年で、経過年数が10年の中古資産の簡便法による見積耐用年数

(計算)

(1) 法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数
 30年-10年=20年

(2) 経過年数10年の20%に相当する年数
 10年×20%=2年

(3) 耐用年数
 20年+2年=22年

(耐令3、耐通1-5-1~4)

unqte
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
4426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
188位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。