チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  スポンサー広告 >  ■物件購入戦略  >  M&A業務から学ぶ交渉術 >  【交渉戦術③ Yes と言わせるテクニック​】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【交渉戦術③ Yes と言わせるテクニック​】 

【交渉戦術③ Yes と言わせるテクニック​】 難題を突き付け、それ​から本音

こんちにはチャモです。

なかなかYesと言ってくれない相手にどうやって納得させるか、またYesと言ってもら
うかについて考えてみます。

これは事例で理解してもらった方が良いので、私の実体験で説明します。

【事例①:後輩に”喜んで”Yesと言わせるテクニック】

業務:ある1つのプレゼンテーション資料を作る必要あり

チャモ:(後輩Aに対して)あの会社役員に対するプレゼンテーション資料を作って欲しいんだけど?
    ただ、もしかすると週に1回資料を更新して送付する必要があるから毎週頼みます。

後輩: (凄い怪訝そうな顔で)この資料必要ですかね。。。。。。。

チャモ:(少し時間をおいて) やっぱり週に1回の更新は今はいいや。
     ただまずは 最初のプレゼンを明日まで作ってくれたらそれでいいよ。

後輩:(嬉しそうな顔で) 了解です。喜んでやります!


解説:まぁ業務ですのでNoとは言えない状況でしたが、喜んで仕事はしてもらいたいという状況でした。

後輩にとり”資料つくりは面倒なもの”。従い”難題=毎週の作業”を最初に提示し、
その後”お願い=1回の資料作成”とすることで後輩の心理的にも非常に楽になり、
この後輩は、嬉しそうに完成品を翌日当方に提出してくれました。

【結論】

人間は前のお願いと比較して依頼事項を判断する傾向にある。

従い相手に一度断らせる(嫌な思いをさせる)、次の依頼を断りづらくさせる(良く見せる)と効果があります。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3832位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
163位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。