チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【不動産ネタ】自然災害が危険な都市ランキング

こんばんわ、チャモです。

今日はスイスの保険会社がでした危険度ランキングをご紹介
致します。

これでも皆さんは日本に投資しますか????



自然災害が危険な都市ランキング

東京/横浜が世界1位=調査

2014年 03月 28日 12:46 JST

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2R03K20140328/?pageNumber=1&vi
rtualBrandChannel=0

[27日 ロイター] -スイスの再保険会社スイス・リーが2013年にまとめた
「自然災害リスクの高い都市ランキング」で、東京・横浜が世界1位となった。
地震活動が活発な地域に位置していることや、津波の危険性が高いことなどが背景。

スイス・リーは世界616都市を対象に、洪水や地震、嵐、高潮、津波などで
被災する人の数を推計。トップ10の大半はアジアの沿岸都市が占め、
地震や洪水のリスクに特にさらされていることが明らかになった。

日本は東京・横浜のほか、大阪・神戸が5位タイ、名古屋が6位となった。

東京・横浜については、約2900万人が大地震の影響を受ける可能性が
あるとしている。大阪・神戸は激しい暴風雨や河川の氾濫、津波のリスクが高く、
名古屋は活断層の近くにあることや、津波や暴風雨のリスクを受けてランクインし
た。

世界2位はフィリピンの首都マニラで、地震活動、台風、高潮のリスクが高かった。
3位は、広州、香港、マカオを結ぶ珠江デルタ地域となり、サイクロンや河川の氾
濫、
地震の可能性が考慮された。

トップ10は以下の通り。

1.東京・横浜(日本)
2.マニラ(フィリピン)
3.珠江デルタ(中国
5.大阪・神戸(日本)
5.ジャカルタ(インドネシア)
6.名古屋(日本)
7.コルカタ(インド)
8.上海(中国)
9.ロサンゼルス(米国)
10. テヘラン(イラン)


スポンサーサイト

路地状敷地物件の取得

こんちには。チャモです。

今日は路地状敷地の物件について考察します。
(別名”旗状敷地”ですね)

考察ポイントは、どのくらいの金額なら買ってよいか?、
チェックポイントは?という観点で分析しています。

①土地の評価:
まずこのような物件の土地値は通常の土地よりも安くなります。

どのくらいやすくなるのか?

路地状部分の価値は、路地状部分の長さや幅にもよりますが、
整形地の50%~70%程度になるらしいです。

これは一つの参照値ですね。

従い、路地状部分を含む土地全体としては整形地に比べると
15%~20%程度安い評価となるみたいです。

⇒目標値としては”整形地の80%以下で買えるよう交渉”です!


②接道義務(建築基準法):

建物の建築を考える場合、都市計画区域内では2m以上の接道が
必要になります。従い路地状の部分が2m未満となっている物件の
購入は見送る必要があります(再建築不可となってしまいます)。

③条例の適用有無:
ただこれは建築基準法の規定ですので、
追加で条例で制約がある可能性もあるみたいです。
条例の有無も要確認です。

したがい私の結論は下記の通りです。

④東京都の場合:
東京都の場合、接道2m以上4m以下では共同住宅(アパート)の建築は
禁止されております。従い長屋式の住居のみの検地が可能となります。

【結論】
★土地が周辺相場より安く購入できるなら検討する。

★再建築可の物件のみ検討(条例までチェックする)。

★長屋式アパートで事業運営する事が前提。
[ 2014/03/31 12:10 ] 特異物件の考察 | TB(0) | CM(0)

【新規物件検討】 違法物件+事故物件

こんばんはチャモです。

今日は、最近検討した物件について。

現在夫婦で2棟保有していますが、目標としては今後2年以内に1~2棟購入し、
月間CFを100万円に到達させたいと考えています。


現在のマーケットは完全に売手市場。

そんな中、非公開物件をGETです。 

なんと違法物件(容積率over)。

これはかなりの高利回りが期待できます!!!
(スプレッドは3-5%程度かな、と期待)


初めの情報では売却希望価格のみでレントロールはなし。

1週間くらい待っているとレントロールが届きました。

よく見ると利回りがなんと16%!!!

もう興奮が止まらず、サラリーマン営業中に見たのですが、いてもたってもいられなくなり、
早退してしまいました、笑。


帰宅して、仲介御者と話しをしてみると、声が深刻。。。。。

「利回りが高いのには訳があって。。。。」から始まり
最終的には「自殺者がでた」とのことでした。

所謂、事故物件。。。。。


ただここで諦める私ではございません。

”不動産投資は事業”、”どんな物件もリターン次第”と
心の中で、繰り返し不安な気持ちを押し殺していきます。


正直素人の私としては、怖い気持ちがあったのですが、
物件見学には行ってみました。

そしたらなんと、同日の物件見学者が奇跡の10組オーバーとのこと。


みなさん自殺物件ですよー、事故ですよ、事故。

それだけではありません。容積率もオーバーの違法建築物ですよ。


まだまだ続きます。


土地は路地状敷地ですよ。。。。。。

大通りに面しており住環境悪いですよ。。。。

宅地造成等規制地域ですよ。。。。。。

近くに墓地ありますよ。。。。。。。。

借地権の問題もついてますよ。。。。。。


(閑話休題)


それでも即日に申し込みが入ったみたいです。

現金買い。


今は不動産の買い時ではないですね。

改めて実感しました。


私はグローバルな仕事をしており、世界の情勢を日々目にしております。

中国の景気はかなり悪いみたいです。

リーマンショックから早5年半。。。。。。。。

次の経済危機はもうそこかもしれません。


そしたら買い時がやってきます。

末永く待ちたいと思います。

不動産は「購入額がすべて」です。


ランキングに参加してみました!応援宜しくお願いします♪

1号物件(中野区)に解約が出ました!

こんにちは。
リリコです。

所有してから約1年、
満室を続けてきた1号物件についに解約が出ました。


はじめての解約、、どうしよう、という私たちとは裏腹に
管理会社さんは通知を受けてから
1週間くらい経ってから知らせてきました。


こんなもんなんでしょうか。。


さてはて、そして募集ですが、
ここも全く初めてのことでしたので


『レインズの登録と、ネットのサイトに登録しましたよ~』


の言葉を鵜呑みに、ちゃんと募集出てるかな、
とSUUMOやHOMESを見てみました。


しかし、、、1号物件の掲載はありません。。


あれあれ、なんで?


調べてみると業者さん向けのネットサイトと
カスタマー向けのネットサイトがあり、業者さん
向けサイトのみの登録、ということでした。


某大手管理会社さんに御社の管理の強みは?

と伺ったところ、3つのうちの一つとして
リーシングの間口の広さ、と答えて下さいました。
レインズの他50サイト以上の提携サイトに瞬時に登録、
とのこと。

さすが、ここは大きな差かもしれません。


3月の初めは引っ越しシーズンですが、時はすでに3月末、、
1か月以内になんとかして埋めたい、ということで早速
物件のお掃除に行ってまいりました。


清掃はすでに終わっていたのですが、物件の顔、
廊下、外観まわりの落ち葉を拾い、拭き掃除、
最後に内覧の際の香りづけにこちらをセット!
1号物件写真


100円ショップで200円です!!
早く入居者が決まりますように!!

ランキングに参加してみました!応援宜しくお願いします♪


政府:​国家戦略特区に東京都​など指定

こんちにはチャモです。

追加でブルームバーグです。

我々投資家としては、20から30年後の日本の姿を考えながら
長期的な視点で投資を実行する事だと思います。

下記を見ると、やはり東京圏、関西圏、沖縄、福岡が投資候補ですね。

=結論部分抜粋=
東京圏として東京都・神奈川県・千葉県成田市、
関西圏として大阪府・兵庫県・京都府
沖縄県を「国際観光拠点」
福岡市を「創業のための雇用改革拠点」、
新潟市を「大規模農業の改革拠点」
兵庫県養父市「中山間地農業の改革拠点」

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N34ZBC6K50YH01.html

政府:国家戦略特区に東京都など指定

3月28日(ブルームバーグ):政府は地域を限定して規制を大胆に緩める国家戦略特区に東京都、神奈川県などの「東京圏」と大阪府、京都府などの「関西圏」、沖縄県など6区域を指定する。

安倍晋三首相が28日の特区諮問会議で明らかにした。

安倍首相は「岩盤規制を打破するためのドリルを実際に動かせる体制が整った」と指摘。「このスピード感をさらに加速し、今後2年間で岩盤規制改革全般をテーブルに乗せ、突破口を開いていく決意だ」と意気込みを語った。

国家戦略特区は安倍政権の成長戦略の柱の一つ。 各区域の政策テーマを明記した政府資料は、東京圏はグローバル企業や人材の受け入れを促進するための「国際ビジネス、イノベーションの拠点」、関西圏は「医療等イノベーション拠点、チャレンジ人材支援」と位置付けた。

今後、指定された特区ごとに国、地方自治体、民間事業者で構成する「区域会議」で具体的な計画を作成する。安倍首相は特区諮問会議で「早いものは夏までに、国、自治体、民間が一体となって取りまとめたい」との考えを示した。

東京圏は「東京都・神奈川県の全部または一部、千葉県成田市」、関西圏は「大阪府・兵庫県・京都府の全部または一部」としており、具体的な指定範囲は今後、関係地方自治体の意見を聴取した上で政令で定める方針。このほか、沖縄県を「国際観光拠点」、福岡市を「創業のための雇用改革拠点」、新潟市を「大規模農業の改革拠点」、兵庫県養父市を「中山間地農業の改革拠点」と位置付けた。

JPモルガン証券の足立正道シニアエコノミストは「マーケットへのインパクトという意味で言えば、ほとんどインパクトはないから中立だと思う」と指摘。その上で、「いろんな抵抗勢力があるので、それに対して風穴を開けるという意味での特区というのは、過去もやってあまり成功してない部分もあるが、今度こそはうまくいくといいと思う」とも指摘している。


岩盤規制

労働、農業などは規制緩和が進まなかった「岩盤規制」の代表的な分野。

安倍首相は1月、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)での演説で、国家戦略特区に関連し、「いかなる既得権益といえども、私のドリルから無傷ではいられない」と述べ、規制改革に取り組む決意を表明していた。

福岡市は新規起業からの一定期間に限定した解雇規制の緩和などを盛り込んだ「新たな起業と雇用を産み出すグローバル・スタートアップ国家戦略特区」を政府に提案。兵庫県養父市は農地の賃貸、売買などが円滑に行えるようにするため、農業委員会による関与の廃止などを提案していた。

地方自治体からのヒアリングを行ってきたワーキンググループのメンバーで政策コンサルティング会社「政策工房」社長の原英史氏は特区について「岩盤規制を突破するための場所としてふさわしいのかどうかというのが最も重要」との認識で選定作業に関わってきたという。こうした地域が規制改革の「けん引役」となるよう期待感も示した。

原氏は東京と関西の日本を代表する大都市圏が選ばれたことについて「特区はあくまで実験場でうまくいけば全国に広がるというのが目標だが、東京圏や関西圏がまとめて指定されれば実験の段階で非常に大きな効果を持つ」との見方も示している。

更新日時: 2014/03/28 19:45 JST

世界最​大の不動産サービス会​社CBREグループが​丸の内に集約

世界最​大の不動産サービス会​社CBREグループが​丸の内に集約

こんちにはチャモです。

本日はBloomberg記事をご紹介。

不動産業界を俯瞰するためには、日々のマーケット動向をとらえておく必要ございま
すね。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N34YPX6JTSEE01.html


世界的な不動産会社CBRE、丸の内に新拠点-東京事業集約

3月28日(ブルームバーグ):時価総額で世界最大の不動産サービス会社CBREグループは、東京での業務を丸の内に集約する。

東京で従業員約550人を抱えるCBREは4月7日に皇居近くの明治安田生命ビルに移る。現在はJEI浜松町ビルに入居している。同社の日本法人でテナント向けサービス担当マネジングディレクターを務めるクレイグ・ハドルストン氏が明らかにした。

東京駅に近い丸の内にはJPモルガン・チェースやシティグループ、モルガン・スタンレーなどの世界的な金融機関が拠点を置いている。ハドルストン氏は電子メールで、CBREが丸の内を選んだのは「優秀な人材を集める力」を高めるためだと説明。主要交通の「ハブ」に近いことも理由に挙げた。日本の商業用不動産市場は回復の兆しを示している。

原題:CBRE Japan Plans Move to Marunouchi to Attract TalentedWorkers(抜粋)


【大家の戦略】 ”俺のフレンチ”から​考える不動産経営 part2

おはようございます。チャモです。

先日の続きです。

●俺のフレンチのビジネスモデル:
俺のフレンチは”回転率”を意識しており、
回転率を高くするため(集客の為)、 ”料理の差別化=集客”
を意識したビジネスモデルになっている事が理解できました。

どのビジネスでも収益の基本は下記で定義されています。

「売上」 - 「支出」 = 「利益」

俺のフレンチでは「売上= ①席数 × ②単価 ×③回転率」
の中で、回転率を意識した戦略を取っているという事ですね。

●不動産経営におけるビジネスモデル:

では不動産経営の場合の売上分析を行ってみます。
この辺は皆さんも感覚的には分かられていると思いますが、
常に意識する事でいろいろなアイデアが生まれる可能性が
広がると思っております。


=不動産売り上げの分解式=

不動産売上 =
①部屋数 × ② 家賃単価 × ③ 占有率(=1-空室率)

これを”俺の●●”のビジネスモデルと比べてみると、
①部屋数は多い方が良く、 これは①席数と同関係、
②家賃単価も単価と一緒、面白いことに③占有率(=1-空室率)は
異なっていますね。

ではこの異なっている部分に対し
どのような対応を其々取っているか考えてみます。

”俺の●●シリーズ”では回転率を上げるために、
「(a)集客を行う + (b)早く帰ってもらう工夫」
という一見相反する目的を達成しています。
回転率を上げるためには、
列を作ってまっていてもらうのが一番効率的です。
従い日々の集客が非常に重要です。
また(b)早く帰ってもらう工夫は、
システム化(立ち飲みの採用)という方法で対応しています。
この点はアイデア勝負の 部分ですね。

従い日々の重要度という観点では、

”集客の努力” > ”早くかえってもらう工夫”

と考えられ、店で働く人の視点は”集客”を重要視していると思います。

では不動産事業における回転率の低下(=占有率の上昇)は
どのようなキードライバーがあるのでしょうか。

これも二つに分けられ、

(a) ”集客を行う”が不動産の場合では、
「空室期間の最小化」に該当します。
(b) ”早く帰ってもらう”に相当するのは
「賃借人に長くいてもらう」です。

つまり、「空室期間の最小化」「賃借人に長くいてもらう工夫」が
両方とも重要になるわけです。

この2項目の関係ですが、一度満室にしてしまえば
日々行うべきは「賃借人に長くい てもらう」努力です。
退去がなければ空室対策も必要ありません。

【結論】
私が最近一番意識している点は、
「どのようにして現在の賃借人の満足度を最大化するか」
という点です。

今回の”俺のフレンチ”と”不動産業”の対比でもやはり
「賃借人に長くいてもらう」ということの
重要性を再認識できました。

大家の視点では、この賃借人の視点が見えづらく、
軽視する傾向があると感じています。
常に意識していないと忘れてしまいます。

今回改めて「物件を清潔に保つ」、
「壊れているものは即座に修理」、
「賃借人のお願い事項には可能な限り対応」という
日々の積み重ねを大事にしていこうと再決意しました。


[ 2014/03/30 09:00 ] ■物件管理 | TB(0) | CM(0)

【大家の戦略】 管理会社選定時のこだ​わり

おはようございます。チャモです。

先日は管理会社選定時のリストを公開しました。
(おさらいですが、一番下に再述致します)


ここで戦略的に協調したいてんが
”家賃の入金管理はだれがやるべきか”という点です。

確かに20~30戸を超えてくるとかなり面倒になり、
”入金管理を管理会社に頼む方が効率的”
という方も非常に多いと思います。

ただ皆さんも含めて、賃貸管理をするうえで何が大事?でしょうか。

私は「キャッシュフローの最大化」を掲げております。

ではキャッシュフローの最大化とは何かというと、
ベースとする考え方は非常にシンプルで
「入金は出来るだけ早く、出金は出来るだけ遅く」だけです。
これは業務上売掛債権を有したりする場合にも有効です。


では不動産管理に当てはめると「入金=家賃」ですよね。

従い、”家賃は賃借人から直接オーナーの口座に入金”という体制が
キャッシュフロー経営となります。

また家賃の支払いフローが”賃借人⇒管理会社⇒オーナー”な場合、
管理会社が倒産した場合の回収が困難になるなど管理会社の
信用リスクをオーナーが引き受けていることになります。
(この重要性を気付いている人は、結構少ないのが私の印象です。)

敷金を管理会社に預けている方もおりますが、
この敷金の回収リスクもあるわけです。

この信用リスクというのは商売を行う上で不可避です。
当然賃貸契約を締結した場合は、
賃借人の信用リスクを受諾しており、
これを受諾できない場合は保証会社を起用して、
今度は保証会社野信用リスクを取るわけです。

私はサラリーマンを通じ、
この信用リスクの重要性は上司/先輩に叩き込まれましたので、
もうベースは「不要な信用リスクは受諾せず」となっております。
何か事故が起こった際のリスク金額はかなり大きく、
危険だからです。

従い、管理会社のリスクも出来るだけ避ける、
というのが基本方針となっています。

【結論】

結論としましては、
① キャッシュフロー経営
② 管理会社の信用リスク
という私のベースを踏まえると、結論は

● 入金は賃借人⇒オーナーと直接の流れをつくるべし
● 面倒でも入金確認は管理会社任せとせず、基本は自分でやるべし
● 入金管理を管理会社に任せる場合、オーナー口座を
  インターネット経由で確認させ入金管理を実行すべし
(※送金手続きができないようプロテクションを導入する必要あり)

になっております。

以上

=管理会社選定時の条件 (2014年3月時点)=

●契約条件:
管理費:家賃×3% *月1回の清掃料こみで提案
敷金:オーナー管理
家賃:オーナー口座への直接入金
家賃口座入金管理:オーナー
家賃催促:管理会社
月次報告:月1回の現場訪問+写真の送付
支払タイミング:3カ月に1度
管理契約解約:1ヶ月前の解約通知
更新について:
基本的に賃借人に対して更新料を要求しない方針
従い、更新に関しての作業は発生無し。この点をご理解頂く
但し、保証会社の関係で更新が必要な場合は0.5ヶ月分の支払い。

●募集条件:
【努力目標】
1) 入居者の退去が決まった場合、すぐにオーナーに連絡
2) 入居者退去後、原状回復作業を1週間以内に完了
3) 募集は退去日が決まってから開始。開始後、オーナーに連絡
4) 空室期間中は週に一度、(a)問い合わせ数、(b)内見数を報告
5) 広告料
6) リフォーム費用 *リフォーム業者見積もりの方針について確認
  ※中抜きは絶対にしない

ランキングに参加してみました!応援宜しくお願いします♪

[ 2014/03/30 01:20 ] ■物件管理 | TB(0) | CM(0)

【大家の戦略】 ”俺のフレンチ”から​考える不動産経営 part1

おはようございます。
チャモです。

最近私の家の近くに俺のフレンチ/イタリアンというお店ができました。

皆さんご存知ですか? 
お昼も夜も行列ができています。

また先日の雨の日さすがに「今日はいないだろー」と思ったら
この日も行列でした。
すごい人気ですね。

一度行ってみたかったのですが、
こないだ会社で半休を取った際、
ふらりと立ち寄ってみました。
なかなか変わった感じでしたが、
不動産経営との対比が面白かったので記事にしてみたいと思います。

●特徴分析:
もうすでに何冊も関連本が出ていたりしますが、
この俺の●●シリーズの特徴は”高級料理を安く出す”、
但し”立ち飲みスタイル”というものです。

① 高級料理を安く出す:
1流レストランで修業したシェフが出す料理を、
1流レストランの半額以下で 食べれるのがコンセプトです。
女性客もかなりいました。
(原価率が50-60%程度もある模様です)

② ドリンク代で儲けを出す:
高級料理を出すとやはり原価は上がると思います。
ただ高級料理店といってもドリンクの原価って大きく変わりませんよね?
ただ俺の●●シリーズでは、ドリンクの値段が意外に高かったです。
(また1ドリンク制をとっていました)

ここで利益を出しているのだなーと推測できる価格設定でした。

③ テーブルチャージあり:
立ち飲みにもかかわらず、
お通し的なテーブルチャージを請求されました。
これも単価を上げる事に影響していますね。

⇒①~③で一人あたりの単価はそんなに安くない事が判明致しました。
 単価を高く取れる事で利益率を高めているモデルですね。

④ 回転率を上げる:
立ち飲み中心ですので、そんなに長居はできません。
疲れてしまいます。。。

調べてみると通常の飲食店(=ある一定の高級店)では、

ランチタイム:1回転、
ディナータイム:1.5回転

程度らしいです。

ただ、俺の●●シリーズでは”3回転”が可能らしいです。
これは特筆すべきポイントです。

例えば席数が50で、客単価が\5,000円とした場合回転率で
売り上げを考えますと
回転率1回: 50×\5,000×1回転= \250,000
回転率3回: 50×\5,000×3回転= \750,000
と単純に3倍となります。

ではこれを不動産経営と比較するとどうなるのか?
このテーマで次回記事を書かせて頂きます。

以上
[ 2014/03/29 10:25 ] ■物件管理 | TB(0) | CM(0)

【大家の戦略】管理会​社選定時の必須条件

おはようございます。チャモです。

今日は管理会社を選定する際に、
大家として条件交渉を行うと思いますが、
その際、私がまず伝える条件をリスト化しましたので共有いたします。


交渉戦略上非常に重要なこととして、
「自分の立場/ポジションを明確にする」
が挙げられます。

また交渉力が強い/弱いというのもあり、
これはどちらの立場が有利かというものです。
一般的に
「選択肢が多いものが強い」
「時間的余裕があるものが強い」
です。

管理会社との交渉においては、
この交渉力が強いタイミングは「管理会社選定の時」です。
これを逃すと大家のポジションはかなり弱くなります。

従い、自分が欲しい条件は全て先方に伝え、
管理会社にも納得して頂いた上で管理契約を締結するのが
双方にとり一番納得感がある方法かと思います。
そうすることで管理契約が開始した後も、
きちんとした対応を取って頂けることなります。

尚、私が管理会社に求める事項/方針は以下の通りです。

=管理会社に求める点=

① きちんとした物件管理:
  定期巡回、清掃のアレンジをして常に物件を清潔に保つことが重要

② 適宜報告を忘れない:
  管理会社から適切な報告をうけると大家としても物件に足を運ぶ手間が省けます。
  この点は重要です。

③ 空室対策:
  ”空室期間は可能な限り短く”というマインドを共有する事が重要です。
  清掃、募集、内覧という3つの事項をタイムリーに行わせるべく、
  契約書に努力目標として記載させるようにしています。


これらを踏まえた腕、下記の条件を満たす管理会社との契約を行います。

=管理会社選定時の条件=

●契約条件:
管理費:家賃×3% *月1回の清掃料こみで提案
敷金:オーナー管理
家賃:オーナー口座への直接入金
家賃口座入金管理:オーナー
家賃催促:管理会社
月次報告:月1回の現場訪問+写真の送付
支払タイミング:3カ月に1度
管理契約解約:1ヶ月前の解約通知
更新について:基本的に賃借人に対して更新料を要求しない方針
       従い、更新に関しての作業は発生無し。この点をご理解頂く
       但し、保証会社の関係で更新が必要な場合は0.5ヶ月分の支払い。

●募集条件:
【努力目標】
1) 入居者の退去が決まった場合、すぐにオーナーに連絡
2) 入居者退去後、原状回復作業を1週間以内に完了
3) 募集は退去日が決まってから開始。開始後、オーナーに連絡
4) 空室期間中は週に一度、(a)問い合わせ数、(b)内見数を報告
5) 広告料
6) リフォーム費用 *リフォーム業者見積もりの方針について確認
  ※中抜きは絶対にしない

ランキングに参加してみました!応援宜しくお願いします♪

[ 2014/03/29 01:20 ] ■物件購入戦略 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
137位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。