チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  1号物件(中野区)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入居後すぐに退去連絡??!

おはようございます。リリコです。

先日、中野区1号物件に初の空室が出ました。
そして募集を開始すること1か月、、
すぐに入居してくださる方が決定し、
ほっと安心していたのも束の間、、。

なんと、その入居者さんが一身上の都合で退去、
ということが決定しました。
理由を詳しく聞いてみると、どうしようもない一身上の都合なので
しかたないことではあるものの。。。

さすがに管理会社さんも焦り、退去通知が到着した当日に
お知らせしてくださいましたが、、。

やはり、大家業は一筋縄ではいかないとつくづく思いました。

今回の反省としては3つ。

①入居者選定を管理会社さんにお任せしてしまった
(ちょっとあやしいなぁ、大丈夫かなとおもってはいたものの)
②無職の方を入居させてしまった
(働いている方に比べて自由度が高い為、すぐに引っ越せるor実家に帰れる)
③契約の解約条項に入居期間のミニマムを設けるこをしなかった(例えば6ヶ月以内の解約の場合違約金1か月など、、
ハードルは少し上がりますが、6ヶ月や1年であれば
入居者もそれなりの支払いをして引っ越ししてくるわけですから
そこまで抵抗はないはずです)



というわけでまた募集再開となってしまいました!!
スポンサーサイト

入居者が決まりました!

おはようございます。
リリコです。

先日お伝えした第一号中野区物件について。

先週ついに新しい入居者さんが決まり、
入居を済まされました、一安心です。

3月末に空室となってから1か月経たない間に
ご入居いただけ、ほっと致しました。

やはり念には念を!、
いうことで清掃後、
再度しっかりとクリーニングされているか、
気持ちよく内覧していただける状況かを
確認したのもよかったのかもしれません。
その作業をした日にすでにお申込みいただきました、
とご連絡いただいたのですが、
それから2週間ほどどうなるかわからない状況が
続いていたので契約が無事終了するまでは
積極的に募集活動をするべきだ、と思いました。

そして今回の解約→新規契約までの一連の今回の募集を通して、

管理会社さんとの連携プレーが非常に重要
且つ
信頼できる管理会社さんに
しっかりお任せすることができる状態に整える!


という行為が非常に大切だということに気づかされました。

新米大家、勉強の日々です。



1号物件(中野区)に解約が出ました!

こんにちは。
リリコです。

所有してから約1年、
満室を続けてきた1号物件についに解約が出ました。


はじめての解約、、どうしよう、という私たちとは裏腹に
管理会社さんは通知を受けてから
1週間くらい経ってから知らせてきました。


こんなもんなんでしょうか。。


さてはて、そして募集ですが、
ここも全く初めてのことでしたので


『レインズの登録と、ネットのサイトに登録しましたよ~』


の言葉を鵜呑みに、ちゃんと募集出てるかな、
とSUUMOやHOMESを見てみました。


しかし、、、1号物件の掲載はありません。。


あれあれ、なんで?


調べてみると業者さん向けのネットサイトと
カスタマー向けのネットサイトがあり、業者さん
向けサイトのみの登録、ということでした。


某大手管理会社さんに御社の管理の強みは?

と伺ったところ、3つのうちの一つとして
リーシングの間口の広さ、と答えて下さいました。
レインズの他50サイト以上の提携サイトに瞬時に登録、
とのこと。

さすが、ここは大きな差かもしれません。


3月の初めは引っ越しシーズンですが、時はすでに3月末、、
1か月以内になんとかして埋めたい、ということで早速
物件のお掃除に行ってまいりました。


清掃はすでに終わっていたのですが、物件の顔、
廊下、外観まわりの落ち葉を拾い、拭き掃除、
最後に内覧の際の香りづけにこちらをセット!
1号物件写真


100円ショップで200円です!!
早く入居者が決まりますように!!

ランキングに参加してみました!応援宜しくお願いします♪


初めての不動産投資物件

初めての不動産投資物件。



新築物件-12室



物件検索を始めて4ヶ月経過したが、一向に購入できる兆しが見えない状況に陥っていた。



その時の物件選びの基準は

① 青色申告を適用すべく事業規模(10室以上)

② 駅近(徒歩5分以内)

③ 利回り10%以上



都内でこのような物件なかなか見つかるわけもなく(素人にとっては尚更)、途方にくれていました。



そんな中、某不動産の広告メール内で紹介されている物件を家内が発見。

概要は

① 部屋数:12室青色申告を適用すべく事業規模(10室以上)

② 立地: 中野区 - 徒歩5分

③ 利回り:8%



そこから物件の土地を見学し、即申し込みを決定。



ただその週末に当方分も含めて4件の申し込みが入ってしまい、その内の1件は“現金”での買付。



そこから3日間は某不動産担当者は我々を放置。。。。。。。。。





もう買えないと諦めていた所、急に電話が入り、



「現金買付を入れいて方が、価格交渉に入った。売主は価格交渉に応じる気配無く、まだ購入意向ありますか?」



との事。



買えないものが急に買える状況になった点、申し込みが多発していた点から、“即購入”と気持ちが固まってしまいました。



また某不動産担当者は非常に優秀な営業マンで、素人の我々を手玉に取り、「契約はやくしないと駄目ですよ。

ここは交渉できません。融資はここがベストです」と周りを即座に固めていく出来っぷり。



気付いたら契約をしてしまっていました。。。。。。。
プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
139位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。