チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  M&Aネタ (ニュース記事)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日経新聞のファイナンシャルタイムズ買収



こんにちはチャモです。

閑話休題ということで久しぶりにM&Aネタ


日経新聞がファイナンシャルタイムズの買収を発表しました。

ファイナンシャルタイムズといえば欧州ではビジネスマンの大多数が読む情報誌。これを日経が買収するとは非常に驚きですね。

FAは、ゴールドマン/JPが売り側、買側はロスチャイルドだったみたいです。 日本でロスチャイルドが強いFAという印象なかったのですが、強いのですね。

ただ買収額は営業利益の35倍らしいです。。。。

不動産で考えると”賃貸収入から運営費を引いた利益”の35倍で、不動産を購入するというもの。

まぁ不動産とは違い賃貸収入が大きく上昇する可能性はあるのが、大きなちがいですね。



=引用=

Pearson to sell FT Group to Nikkei Inc.

July 23, 2015



Pearson is today announcing that it has agreed the sale of FT Group to Nikkei Inc. for a gross consideration of £844 million, payable in cash.

Financial Times is one of the world’s leading news organisations, recognised for its authority, integrity and accuracy. It includes the FT newspaper, FT.com, How to Spend It, FT Labs, FTChinese, the Confidentials and Financial Publishing (including The Banker, Investors Chronicle, MandateWire, Money-Media, Medley Global Advisors and more). At the FT, total circulation across print and digital rose more than 30% over the last five years to 737,000, with digital circulation growing to represent 70% of the total, from 24%, and mobile driving almost half of all traffic. Content and services now account for the majority of revenues.

In 2014, FT Group contributed £334m of sales and £24m of adjusted operating income to Pearson. At 30 June 2015, FT Group had gross assets of approximately £250m. The agreement does not include FT Group’s London property at One Southwark Bridge and Pearson’s 50% stake in The Economist Group. The transaction is subject to a number of regulatory approvals and is expected to close during the fourth quarter of 2015.

A contribution will be made to the Pearson group pension plan following closing of the transaction, expected to be around £90m. In addition, Pearson has committed to fund the pension plan to self-sufficiency in the near term. Most of the proceeds from the disposal will be subject to UK Substantial Shareholder Exemption taxation relief but Pearson expects to pay tax on disposal of approximately £60 million. The balance of the proceeds will be used by Pearson for general corporate purposes and investment in its global education strategy.

John Fallon, Pearson’s chief executive, said:

“Pearson has been a proud proprietor of the FT for nearly 60 years. But we’ve reached an inflection point in media, driven by the explosive growth of mobile and social. In this new environment, the best way to ensure the FT’s journalistic and commercial success is for it to be part of a global, digital news company.

Pearson will now be 100% focused on our global education strategy. The world of education is changing profoundly and we see huge opportunity to grow our business through increasing access to high quality education globally.

Nikkei has a long and distinguished track record of quality, impartiality and reliability in its journalism and global viewpoint. The Board and I are confident that the FT will continue to flourish under Nikkei’s ownership”.

Read a blog post by John Fallon about the FT sale.

Tsuneo Kita, Chairman and Group CEO of Nikkei, said:

“I am extremely proud of teaming up with the Financial Times, one of the most prestigious news organizations in the world. Our motto of providing high-quality reporting on economic and other news, while maintaining fairness and impartiality, is very close to that of the FT. We share the same journalistic values. Together, we will strive to contribute to the development of the global economy.”

Evercore, Goldman Sachs and J.P. Morgan Cazenove acted as financial adviser to Pearson on this transaction.

Rothschild Group acted as financial advisers to Nikkei on this transaction.
FT買収額Wポストの5倍、営業利益の35倍-株価評価反映せず
2015/07/24 09:17 JST



  (ブルームバーグ):英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)を発行するフィナンシャル・タイムズ・グループ(FTグループ)を日本経済新聞社に売却することで合意した英ピアソン の株主は、2013年の米紙ワシントン・ポストの身売りと比べ、はるかに有利な条件で契約を交わしたようだ。

教育事業を手掛けるピアソンは、FT発行部門を日経に8億4400万ポンド(約1600億円)で売却することで合意。世界的に影響力のある主要紙の経営母体が交代するのは、インターネット通販の米アマゾン・ドット・コムの創業者で資産家のジェフ・ベゾス氏が、ワシントン・ポスト紙を2年前に2億5000万ドル(現在の為替レートで約310億円)で買収して以来となる。

ワシントン・ポストには、米紙ニューヨーク・タイムズ のバリュエーション(株価評価)が見劣りするほどの値段が付いたが、FTグループはそのいずれも上回っている。FTグループとワシントン・ポストとの正確な比較は難しいが、買収条件を並べて見るとFTが全体として群を抜いている。

日経がFTグループの企業価値を2014年の売上高の約2.5倍と評価しているのに対し、ワシントン・ポストは売上高を60%下回る価格でベゾス氏に売却された。FTの買収額は調整後の営業利益の35倍に達するが、ベゾス氏が支払ったのは、EBITDA(利払い・ 税金・減価償却・償却控除前利益)の17倍にすぎない。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ポール・スウィーニー氏は電話インタビューで、「この価格にはバリュエーションの裏付けが全くない。これらの知名度の高い資産に一部の買い手が付けるフランチャイズバリュー(のれん代)を反映しているにすぎない」と指摘した。

原題:FT Valuation Is Leaps and Bounds Above Washington Post: Real M&A(抜粋)
スポンサーサイト

ヤフー:ブックオフと​の資本・業務提携

こんちにちはチャモです。

離島はあいにくの曇りで、時間があるのでM&Aマーケットを調査中。
久しぶりに気になる買収/提携情報がありましたので、紹介します。

これを見る限りでは、今後book offでのセドリを行う事が
難しくなるのかとの印象です。

また今MBOの実務という本を読んでおり、不動産投資も一種のM&Aですので、
ビジネスの動きは参考になると思いますので今度要旨紹介します。


qte
ヤフー:ブックオフとの資本・業務提携契約を決議。
2014年4月24日

ヤフー(東京都)は、リアル店舗のブックオフとネット上の「ヤフオク!」の連携や協
業を強化するため、古本チェーン等を展開するブックオフコーポレーション(神奈川
県)との間で、資本・業務提携契約を締結することを決議した(その他小売業界の
M&A)。

ヤフーは、ブックオフが5月中旬に実施する第三者割当増資(議決権所有割合15.02%)
を引き受けるほか、転換社債型新株予約権付社債(CB)77個を引き受ける。
取得額は、普通株式が約22億円、CBは77億円で、計98億円。
CBをすべて転換した場合の議決権所有割合は43.22%。
払込期日は2014年5月15日。
unqte

バークレイズ、孫社長​の怒り買いアリババ手​数料逃す-関係者

おはようございます。

本日は掲題記事のご紹介。

結論としてはソフトバンクの買収が成功して
US$216億(約2兆2,000億円)を拠出する事になりました。

ただ最初のオファーはこれよりも15億ドルも低かったのが、
”バークレイズのせいで”1,500億円も払った、というのが
孫さんの気持ちなんでしょうね。

尚、US$216億といっても、これ全てが買収金額という訳ではなく、
166億ドルが株主へ、残りは資本増強に使われる模様です。


=参照=
バークレイズ、孫社長の怒り買いアリババ手数料逃す-関係者

3月21日(ブルームバーグ):英銀バークレイズ は支援すべき資産家を誤った。

事情に詳しい関係者によればバークレイズは、資産家チャーリー・アーゲン氏率いる米衛星テレビ会社ディッシュ・ネットワークが昨年試みた携帯電話会社スプリント買収で助言と融資を行ったがために、中国の電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディングの新規株式公開(IPO)で数億ドルに上る手数料の分け前にあずかる機会を逃した。

情報が非公開だとして匿名を条件に語った関係者らによれば、ソフトバンクの孫正義社長は同社に対抗したアーゲン氏のスプリント買収提案にあまりに憤慨したため、アリババにバークレイズとの取引をやめるよう強く求めた。ソフトバンクはアリババ株の約37%を保有しており、孫氏はバークレイズとの取引中止の要請をアリババの創業者ジャック・マ(馬雲)氏に直接伝えたという。ディッシュとソフトバンクの買収合戦では最終的にソフトバンクが勝利し、スプリントを216億ドル(約2兆2000億円)で買収した。

この一件は、競合する複数の顧客と銀行が取引を行う際のリスクを浮き彫りにしている。取引相手を選ぶ場合、大手金融機関は「ビジネスセレクション」と呼ばれる手法を用いるが、ここでは通常、どちらの企業の方が長期的により多くの手数料をもたらすかという点を基に選択する。ミシガン大学ロス・ビジネス・スクールのエリック・ゴードン教授は、孫氏のバークレイズに対する容赦ない決定は、アリババの他の株主の利益に反するものだと指摘する。

ゴードン教授は「主要株主が罰を与えたがっているという理由だけで世界的に重要な 引受金融機関を外すのは、企業の利益に反する」とし、「影響力を持つ人物が仕返しを望んだとしても、第三者を巻き込むべきではない」と述べた。

関係者の1人によれば、孫氏は昨年の春、スプリント買収に向けた取り組みの真っ最中にマ氏に電話し、アリババが獲得を目指していた80億ドルの融資の提供元からバークレイズを外しておくよう求めたという。

また別の関係者によると、孫氏の怒りを察知したバークレイズは同年に、IPOに動く可能性のある中国の他のインターネット企業に目を向けた。最終的にバークレイズは時価総額でアジア最大のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)と取引することになったという。

原題:Barclays Said to Miss Alibaba Fees by Defying SoftBank’sSon (1)(抜
粋)

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2SIZ76VDKHU01.html

【ソフトバンクが米スプリント買収価格を引き上げ、主要株主は支持】
2013年 06月 11日 15:01 JST
東京 11日 ロイター] - ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート) は11日、米携帯電話会社スプリント・ネクステル(S.N: 株価, 企業情報, レポート)の買収価格をこれまでより15億ドル引き上げ、216億ドル(約1.8兆円)にすることでスプリントと合意したと発表した。米衛星放送大手ディッシュ・ネットワーク(DISH.O: 株価, 企業情報, レポート)もスプリント買収に名乗りを上げる中、ソフトバンクは買収総額を引き上げると同時に、株主に支払う割合を増やすことで賛同を得やすくする。ディッシュ案を評価していた一部の主要株主は、ソフトバンク支持に転じた。ディッシュは18日までに新たな対抗案を示す必要がある。

<ポールソンが全株応募へ>

スプリントは6月12日に臨時株主総会を開いてソフトバンクの提案を採決する予定だったが、新たな提案を受けて25日に延期した。これまでディッシュ案を評価していたスプリント主要株主の投資会社ポールソンは、「条件が引き上げられたほか、ソフトバンクは無線通信の分野で卓越した専門性と戦略がある」なとどし、ソフトバンク案に全株応募する方針を示した。

ソフトバンクが新たに提示した投資総額216億ドルのうち、スプリントの株主に支払うのは約166億ドル。変更前の約121億ドルより配分を大きくした。一方で、スプリントの財務体質の強化に投じる資金は50億ドル(変更前80億ドル)として配分を小さくした。

ソフトバンクのスプリントへの出資比率(新たに設立されるスプリント持ち株会社の投資比率)は、当初の約70%から、約78%に引き上げられる見通し。既存のスプリント株主が受け取る対価は従来提案の7.30ドルから7.65ドルに増加する。

ソフトバンクは買収条件の変更は必要ないとしていたが、価格を引き上げたことについて「買収を迅速に完了するため」(広報)としている。スプリントの株主総会と米当局の承認を経て、7月上旬の買収完了を見込んでいる。

新たな提案額は、社債発行などで調達した手元資金や、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ドイツ銀行と結んでいるブリッジローンの枠内で賄う

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE95A00H20130611
プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
95位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。