チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業

サラリーマン不動産投資として5棟+2区分を保有。借金額は6億円を超えました。 1都3県に不動産を保有する1都3県オーナーです。
チャモ夫妻のサラリーマン不動産投資!サラリーマン大家の月100万円副業 TOP  >  融資について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オリックス銀行の融資についての新情報

こんちにはチャモです。

オリックス銀行の融資につき、下記のような情報入りましたので共有いたします。

なんと融資期間がかなり長くなっています。

築古木造でかなり活用できそうな内容ですね!!!

========================
融資期間:
① 木造40年-経過年数
② 鉄骨造45年-経過年数
③ R C 造55年-経過年数
※新規はMAX35年

融資額:
基本は90%融資だが95%-100%も可能

=============
スポンサーサイト

【融資】実名で紹介する使える金融機関 - 新築木造用 2015年8月


こんばんわ、チャモです。

チャモは6月、7月に金融機関回りをし、かなりの銀行の情報を仕入れましたので、今日は皆様と共有させて頂きます。

話題は、使える金融機関 except S銀行 (静岡の2行です)

東京在住のある程度所得がある人が、土俵にのると思います。

● りそな銀行: 
⇒ 木造も融資受けられます。基本22年ですが劣化耐久2級を取得するば30年行けます。

● 横浜銀行:
⇒ サラリーマンの場合、負債総額2億以下なら貸してくれます。ただフルローンは難しそうです。

● 千葉銀行:
⇒ サラリーマンの場合、かなり使えます。金利も低金利で5年固定です。問題は融資期間で木造の場合22年がmaxみたいです。

● オリックス銀行:
⇒ サラリーマンの場合、かなり使えます。金利も低金利で3or5年固定です。木造の場合でも30年は出ます。交渉次第で35年、40年いけるらしいです。ある程度の所得がある方の1棟目物件としては良い銀行です。ただフルローンは難しそうです。

● 八千代銀行:
⇒ 新築の融資行っています。合併前で渋くなっていますが、交渉の土台には乗ります。

● 大光銀行:
⇒ 新潟の地銀です。変動金利のみですが、木造でも30年融資してくれます。フルローンは難易度高いですが、使いやすいです。ただ年収が700万円以下の人は対象外らしいです。


新築物件 and 木造で、期間/融資額(90-100%)を引っ張ろうとすると、上記が可能性ありという感じです。

他の地銀/信金は、銀行との付き合いであったり、支店によってかなり変わってくるという印象でした。


報告までにアップさせて頂きました。

ほかに良い銀行あったら是非教えてください。













【融資の現状】 チャモの借入交渉 (2014年5月 vs 政策金融公庫)

こんちにはチャモです。

本日は日本政策金融公庫の●●支店に融資検討可能か資料提出し要請してみました。

結果は

























またもや惨敗です。。。。。。




戦評は下記の通りです。

●対戦相手:政策金融公庫

●結果:保留

●試合展開:
・詳細協議にすら入れず、門前払い。

・理由としては
- 今年既に1棟買っておりまずは確定申告を見たい。 
- 基本的に物件購入後は、確定申告を1度してもらいその状況を踏まえ
 融資を判断したい。
- 従いもう1年待って頂きたい。

【所感】
・役所的な反応です。。。。。。残念。

・諦めずに他支店を回りたいと思います。

・政策金融公庫の固定金利は魅力的ですので、絶対に取引金融機関に入れます。
 借りれるまで諦めません!!!



【短期資金枠】 短期資金枠確保の重要​性①

こんばんは! チャモです。

私は仕事柄、投資先企業の財務状況を分析しています。

この際、会社が上手くいかなくなった時、突発的な支出に備える為、
短期流動資産がどの位あるかを見ます。

短期流動資産というのは、現金+株等の換金可能資産が
どのくらいあるかを指します。

即ち自社のみでどのくらいの資金を融通できるかを見ているのです。

この自社での資金能力に加え、外部調達可能枠もチェックします。

これはクレジットラインというもので、”ある一定金額までなら
何時でも貸し出しますよ!”という銀行との契約の一種です。

このクレジットラインもコミットメントライン(一定額のfee発生)と
アンコミットメントラインという口約束の状況と2種類ございます。

いずれにせよ事業をおこなっている会社は不測の事態に備え

① 手持ちで一定の短期流動資産を保有

② 手持ちに加え、クレジットラインの確保

という2種類の予防策を講じています。

私は不動産事業者として、不測の事態に備え上記2種類を用意する事が
重要と考えています。


一般的に手持ち現金(=短期流動試算)の重要性は謳われていますが、
このクレジットライン(=融資枠の確保)を個人事業者で準備されている方は
少ないと思います。

私もあまり聞いたことがございます。

ただ、不動産投資=不動産事業運営と捉えると、やはり不足に備え十分な準備をしておいて、やりすぎという事はございません。

要は使わなければ良いのです!


今後は短期資金枠確保の方法を紹介していきたいと思います。

こう書きましたが、私も現時点で何の枠も保有していません。
あたりもついていません。

従い記事にしながら勉強していきたいと思っています。

【融資】 区分マンションへの融資銀行(2014年4月)

こんばんわ、チャモです。

今日は最近流行している区分マンション投資で
活用可能な金融機関を聴取致しましたので、
纏めてみます。
(情報源は秘密です。。。。)

私は、「サラリーマンが区分マンション投資から
スタートしてのリタイアを目指す」というのには
反対派ですが、融資の現状を把握するのは非常に
有意義だと思いますので、纏めてみます。

かなり使える銀行のみを抜粋です。

ただ年収として500万円以上ないと厳しそうですね。

①O銀行:

融資金額:最大95%

融資期間:最長35年

金利:2.3% (HP参照)

年収目安:450万以上

総借入額:年収の6倍が目安

② R銀行(都市銀行):

融資金額:最大70%

融資期間:最長30年

金利:不明

年収目安:500万以上

総借入額:年収の10倍が目安


③城北●●金融公庫:

融資金額:最大95%

融資期間:最長30年

金利:2.175%

年収目安:500万以上

総借入額:年収の8倍が目安

④東●スター銀行:

融資金額:最大90%

融資期間:最長35年

金利:3%

年収目安:500万以上

総借入額:年収の10倍が目安


※上記情報の確度は不明ですので、あしからず。
プロフィール

ping

Author:ping
チャモ:
昼間はサラリーマンファンドマネージャーとして2,000億円のグローバル投資業務を行いながら、夜間は6億円の不動産投資管理を行う30代前半。

得意技:
鬼指値+超絶オーバーローン+借換交渉

リリコ:
キャリアウーマンの30代前半。転職を繰り返し、不動産管理会社/新築マンション区分/外資ファンドでの業務を経験。宅地建物取引主任者を保有。夢はハワイ移住。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
不動産投資・REIT
137位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。